会社概要 沿革 主要設備 業務案内 お問合せ リンク集
 HOME  沿革
沿革

 当社は、1950年(昭和25年)に群馬県高崎市東町において群馬県下で最初の専業ダイカストメーカーとして産声を上げました。その後、事務機器・オートバイ部品等の製造を手がけ、1974年(昭和49年)現在の高崎市上豊岡町の工業団地に移り、需要の増大に伴い、ダイカストマシンの増設・技術陣の充実に傾注し、現在は自動車部品・産業機械等のダイカスト部品の鋳造ならびに切削加工を行っています。

1950 (昭和25年) 9月 資本金100万円をもって高崎市東町において群馬県で最初の専業ダイカストメーカーとして(有)高崎ダイカスト工業社を設立
1964 (昭和39年) 3月 生産増強をはかるため高崎市栄町に新工場建設
(有)白樺製作所(ダイカスト専業)を設立、本社工場を高崎市栄町に移転
1966 (昭和41年) 3月 アルミダイカスト部品の生産開始
1974 (昭和49年) 10月 本社工場を高崎市上豊岡町の八幡第二工業団地(現在地)に移転
1983 (昭和58年) 1月 自動車ワイパー部品の製造開始
1985 (昭和60年) 4月 資本金1,500万円に増資
1991 (平成 2年) 2月 企業合理化をはかるため(有)白樺製作所を事業統合
1995 (平成 6年) 6月 ダイカスト工場の製造ラインを見直し、ワイパー部品の一貫加工開始
2000 (平成12年) 12月 ISO9002:1994の認証取得
2001 (平成13年) 3月 隣接地に金型・製品倉庫を建設
2002 (平成14年) 10月 群馬県「1社1技術」に選定される
技術名「外観品質基準の高いアルミニウムダイカスト製品の製造技術」
2003 (平成15年) 7月 群馬県産学官連携推進補助金を申請し、群馬工業高等専門学校との共同研究を実施(キャビテーション衝撃波によるバリ取り)
  10月 ISO9001:2000の認証移行完了
2004 (平成16年) 7月 群馬県新製品研究・試作支援対策補助金を申請し、群馬工業高等専門学校との共同研究を実施(高性能振動バレル機の開発)
2005 (平成17年) 11月 受注の増大に対応し250tダイカストマシンを増設
2006 (平成18年) 5月 有限会社から株式会社へ商号変更
  11月 代表取締役に上和田貴彦就任
2007 (平成19年) 3月 経済産業省より、中小企業のものづくり基礎技術の高度化に関する法律に基づく「特定研究開発等計画」に認定される。
計画名「振動を付加する事による金型寿命の改善」
2008 (平成20年) 6月 エコアクション21 認証取得
2009 (平成21年) 11月 資本金2,500万円に増資
2012 (平成24年) 4月 2012 TPMチャレンジ賞受賞
 
     
ページtopへ

〒370-0871 群馬県高崎市上豊岡町571-1 ISO9001/エコアクション21
TEL : 027-343-2152
FAX : 027-344-1165
MAIL:tkd-info@sunfield.ne.jp

Copyright Takasaki Die Cast Industry CO.,LTD. All Rights Reserved.