★会長挨拶





一般社団法人
群馬県情報サービス産業協会

会 長  
荻野 研司

蒲シ毛システムズ 代表取締役
副会長執行役員

就任のご挨拶

令和2年6月の総会におきまして、理事の皆様にご推薦をいだだき、会長に就任致しました荻野でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

今年の新年は56年振りに開催される東京オリンピックに日本人の多くが期待に胸を膨らませていたのではないでしょうか?
まさか世界中で新コロナウイルスによる感染拡大と経済の困難が起きるなど思ってもおりませんでした。

以前読んだジャレット・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』の本に、白人が世界を征服したのは銃と鉄、つまり兵器と軍事力、さらに意外なのだが病原菌によってであるという話が書いてあります。ダイアモンドが強調しているのは、白人がアメリカ、アフリカ、オーストラリアの原住民に比べて遺伝的に優れている、つまり知能が高いわけではなく、環境が有利だったにすぎないということです。

今の情報産業はクラウド、ビッグデータ、AI、5G年を重ねる毎に進化を続けております。
しかしこの変化は先進国ではどこの国も同様に技術習得され研究をしております。
企業は事業の成長には、戦略、リーダー、環境(市場)がありますが、いくら偉大なリーダーがいようとどれほど優れた戦略があろうと環境(市場)を間違えると成長はしないと考えます。

このような環境変化を踏まえ、地域社会・産業の情報化に貢献し、会員各社の結束で
協会とともに進化発展したいと思う所在でございます。
今後とも、皆様の尚一層のご支援、ご協力を賜りますよう心よりお願いを申し上げまして就任の挨拶とさせていただきます。