個人のお客様向けサービス
法人のお客様向けサービス
サンフィールドシティ
群馬県メールマガジン ぐん!とGUNMA
両毛へいらっしゃい
国土交通省 防災情報提供センター
インターネット・ホットラインセンター
日本レコード協会
NTT販売パートナー
トップページ > 会員様サポートページ > 設定方法・マニュアル  > ウィルスチェックサービス用 Outlook Express の設定方法 

会員様サポートページ

メール設定方法

ウィルスチェックサービス用 Outlook Express の設定方法

   
1. Outlook Expressを起動し「ツールのアカウント」をクリックします。
   
 



2. 「追加ボタン」を押して、「メール」をクリックします。
   
 



3. 次に名前を設定します。名前やイニシャルなど、本人と分かるものが良いでしょう。
今回は、サンプルとしまして、"virus"というアカウントで設定します。設定される場合は、ご自身のアカウントで設定してください。
   
 



4. お客様のウィルス用の電子メールアドレスを入力してください。
@(アットマーク)以降のものは、”vi.sunfield.ne.jp”になります。
   
 



5. メールサーバーを設定します。受信メールサーバーの種類は「POP3」を必ず選んでください。
受信メールサーバー、送信メールサーバーはともに、「vipop.sunfield.ne.jp」を入力してください。
   
 



6. お客様のメールアカウント・パスワードを入力してください。
「セキュリティで保護された・・・」にはチェックしないで下さい。
   
 



7. 設定完了画面が表示されます。
「完了」ボタンをクリックしてください。
   
 



8. インターネット アカウントの画面に戻ります。
「メール」タグのアカウントから、さきほど作成したアカウントを選択し、右側の「プロパティ」ボタンをクリックします。
   
 



9. プロパティ画面が表示されたら、「サーバー」タグを開いてください。
「送信メールサーバー」の「このサーバは認証が必要」にチェックを入れてください。
   
 



10. つぎに「詳細設定」タグを開きます。
「サーバーのポート番号」の「送信メール」の欄に“587”を入力します。
「OK」ボタンをクリックしたら、設定は完了です。