個人のお客様向けサービス
法人のお客様向けサービス
サンフィールドシティ
群馬県メールマガジン ぐん!とGUNMA
両毛へいらっしゃい
国土交通省 防災情報提供センター
インターネット・ホットラインセンター
日本レコード協会
NTT販売パートナー
トップページ > 会員様サポートページ > 接続:接続はできるのにホームページが表示できない 

会員様サポートページ

Q&A

Q&A

質問
接続はできるのにホームページが表示できない

答 1
余計なTCP/IPを削除し、DNS設定を確認する

「ネットワーク」と「TCP/IP」で、複数のTCP/IPドライバがインストールされていないか、またはDNS設定を確認してください。

TCP/IPが複数インストールされているかどうか調べる

 「マイコンピュータ」から「コントロールパネル」を開き、そのなかの「ネットワーク」をダブルクリックすると、「現在のネットワーク構成」が表示されます。


 そのなかには少なくとも「ダイアルアップアダプタ」と「TCP/IP」がインストールされていなければなりません。
 しかし「TCP/IP」が複数個インストールされていると、右のような状態となります。
 この場合には、この「現在のネットワーク構成」で「TCP/IP」の登録が1個になるように、不要な「TCP/IP」を削除してください。


 このようにして「TCP/IP」が1個になったならば、その「TCP/IP」をダブルクリックし、その設定が次のようになっていることを確認してください。

【IPアドレス】 → IPアドレスを自動的に取得
TCP/IPプロパティ-IPアドレス

【WINS設定】 → WINSの解決をしない
TCP/IPプロパティ-WINS

【ゲートウェイ】 → 「新しいゲートウェイ」には、いかなる数字(0も含む)も入力しない。
TCP/IPプロパティ-ゲートウェイ

【DNS設定】 → DNSを使わない
TCP/IPプロパティ-DNS
以上の設定を確認したらOKをクリックして「ネットワークのプロパティ」を閉じます。再起動を求めるダイアログが出たら、従ってください。



DNS設定を確認するには

 「マイコンピュータ」→「ダイアルアップネットワーク」で、サンフィールド・インターネットに接続するためのアイコンの上で右クリックし、「プロパティ」を選択しますと「情報」という画面となります。


 その画面で「サーバーの種類」ボタンをクリックします。


その画面で「サーバーの種類」ボタンをクリックし、「TCP/IP」のみにチェックしてください。
サーバーの種類画面

 次に「TCP/IP設定」をクリックし、「サーバーが割り当てたIPアドレス」のラジオボタンを選択し、さらに「ネームサーバーアドレスを指定」のラジオボタンを選択して、
プライマリDNS→202.213.33.130
を設定してください。その画面の下部のチェックボックス「IPヘッダー圧縮を使用」、「リモートネットワークでデフォルトのゲートウェイを使用」は、通常両方ともチェックしておきます。


 以上が終了したならば「OK」ボタンをクリックします。
「サーバーの種類」の画面に帰ったならばそこも「OK」ボタンをクリックしてください。すると「情報」という画面になりますので、そこも「OK」ボタンをクリックしてください。これで「ネットワーク」の設定が終了します。


答 2
モデム(ターミナルアダプタ)の一時的な不具合

 モデムが特定の接続方法の状態のみを記憶してしまい、接続に不具合が起きる場合があります。
このような場合、接続がすぐに切断されてしまう状態が発生します。
ハイパーターミナルなどを使い、モデムを工場出荷時の設定に戻すことで、問題が解決する場合があります。


ハイパーターミナルの組み込み

Windows95/98のインストール状態によっては、ハイパーターミナルが組み込まれていない場合があります。
この場合、コントロールパネル内の「アプリケーションの追加と削除」から「Windowsファイル」タブをクリックし、「通信」の中にある「ハイパーターミナル」のチェックボックスをクリックし、チェック状態にして、それぞれの画面で「OK」をクリックしてください。
ハイパーターミナルがシステムに組み込まれます。
Windows95/98のプレインストールマシンでない場合は、Windows95/98のシステムCD-ROMなどが必要になりますので、予め用意しておき、画面の指示に従って操作を行ってください。


ハイパーターミナルを使ってモデムを工場出荷時に設定する
  1. 「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「通信」→「ハイパーターミナル」と選び「Hyperterm」アイコンをダブルクリックします。
  2. 「名前を適当に入力し(modemtest等)、アイコンを選び「OK」をクリックします。
    「接続の設定」画面で「国番号」が「日本(81)」であることを確認し、市外局番と電話番号を、サンフィールド・インターネットのアクセスポイントの電話番号を入力し「OK」をクリックします。
  3. モデム(ターミナルアダプタ)もご利用中のものを選びます。 「接続」ダイアログがひらくので「キャンセル」をクリックします。 「ハイパーターミナル」の画面で
    ATZ
    と入力し、更に
    AT&F
    を入力します。
    このとき画面にはモデム(ターミナルアダプタ)によりそれぞれ「OK」の応答を表示します。
    また、ハイパーターミナルのウィンドウの向かって右下に「接続」と表示されます。
    これは、モデム(ターミナルアダプタ)と通信ソフトの間で通信ができているという意味です。
    ATZやAT&Fに対して「OK」が返されない場合は、モデム(ターミナルアダプタ)に問題が生じている可能性があります。
    特にターミナルアダプタの場合は、30秒から1分程度、電源を切って、再度電源を入れることで問題が解決する場合もあります。
  4. 「通信」メニューから「切断」を選びます。 設定は上記で終了していますので、ハイパーターミナルを終了します。
    このとき、先ほど付けた名前(modemtest等)でアイコンを保存するかどうかが問い合わせがありますので、必要に応じて保存するか、破棄するかを選び、ハイパーターミナルを終了してください。