個人のお客様向けサービス
法人のお客様向けサービス
サンフィールドシティ
群馬県メールマガジン ぐん!とGUNMA
両毛へいらっしゃい
国土交通省 防災情報提供センター
インターネット・ホットラインセンター
日本レコード協会
NTT販売パートナー
トップページ > 2017年更新履歴 > Microsoft社 緊急 セキュリティ情報について 

2017年更新履歴

Microsoft社 緊急 セキュリティ情報について

Microsoft社 緊急 セキュリティ情報について

平成29年2月23日


Microsoft社 緊急 セキュリティ情報について


日頃よりサンフィールド・インターネットをご利用いただき、誠にありがとうございます。

 2017年2月22日、日本マイクロソフト社がInternet Explorer 10/11 およびMicrosoft Edgeに内蔵されているFlash Playerに関する脆弱性を修正する緊急セキュリティ情報をリリースしました。
深刻度が最も高い「緊急」となっており、日本マイクロソフトでは、できるだけ早期に修正パッチを適用するよう呼び掛けています。

 ご利用該当者様におかれましては、マイクロソフト社のサイトにて内容をご確認のうえ修正プログラムのダウンロード適用ををお勧めいたします。
詳細等につきましては、下記マイクロソフト社のサイトにて内容をご確認ください。

 
<<以下、Microsoft社の概要情報より>>

【セキュリティ情報の内容】
2017年2月22日、Internet Explorer 10/11 およびMicrosoft Edgeに内蔵されているFlash Playerに関する脆弱性を修正する緊急セキュリティ情報 MS17-005 をリリースしました。

脆弱性概要:
-----

MS17-005
  Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム (4010250)
  https://technet.microsoft.com/library/security/MS17-005
  概要 : このセキュリティ更新プログラムは、すべてのサポートされて いるエディションの Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows RT 8.1、Windows 10、および Windows Server 2016 にインストールすることで Adobe Flash Player の脆弱 性を解決します。
このセキュリティ更新プログラムは、深刻度が「緊急」と評価されて います。この更新プログラムは Internet Explorer 10、Internet Explorer 11、および Microsoft Edge に含まれる、影響を受ける Adobe Flash ライブラリを更新することにより、Adobe Flash Player の脆弱性を解決します。詳細については、「影響を受けるソフトウェ ア」のセクションを参照してください。
この更新プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技 術情報 4010250 を参照してください。
  最大深刻度 : 緊急
  脆弱性の影響 : リモートでコードが実行される
  影響を受けるソフトウェア : Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows RT 8.1、Windows 10、Windows Server 2016

 

 

 


以上