シアリス20mgの使用説明(添付説明書の抜粋和訳)

1、使用の前に
  次の場合はシアリスの服用をやめてください。
 a、 あなたが有機硝酸塩または一酸化窒素(例えば亜硝酸アミル)の種類の医薬品の服用中。
   これは狭心症(「胸の痛み」)の治療で使われる一群の薬(硝酸塩))です。
   シアリスは、これらの薬の作用を増幅することが示されました。
   あなたが硝酸塩系の服用中かどうか不明ならば、あなたの医師に相談してください。
 b、重い心臓病、または最近、心臓発作を起こしたことがある。
 c、最近、脳卒中に襲われた。
 d、低血圧または抑制できない高血圧状態。
 e、シアリスの成分のいずれかに対するアレルギー。

 以上に該当する方は服用をやめて医師にご相談ください。

特に注意すべき事項:
性行動は心臓に余分の重圧を与えます。それは心臓病患者へ危険な可能性があります。
もしあなたが心臓疾患があれば医師に相談してください。

以下は、CIALLS.が不適合とされる理由です。もし、次の項目で該当する場合は服用の前に医師に相談してください。
鎌状赤血球性貧血(赤血球の異常)、多発性骨髄腫(骨髄ガン)、白血病(血球ガン)またはペニスの変形などがあるとき。
重大な肝臓または腎臓の問題があるとき。

他の医薬品との併用:
他の医薬品を服用したり、最近服用した場合は医師に相談してください。
相互作用が発生する場合があります。これは特に硝酸塩を服用している場合はシアリスは服用しないでください。
また、他の薬品で医師から禁じられた場合はシアリスとの併用はしないでください。
シアリスと他の勃起薬との共用はしないでください。


車の運転や機械の操作:
シアリス服用後にめまいが起こることが臨床研究において報告されています。
車の運転や機械の操作の前にどのような反応があるか注意してください。


2、シアリスの服用

常に、医師の処方どおりにシアリスを服用します。
自信がないならば、医師または薬剤師に確認してください。

性行動の前に初めは10mg(半量)の服用から始めることをお勧めします。
もし、効果が弱い場合は20mgを服用してください。
服用の際は少量の水で全量を飲み込んでください。
食事の有無に関係なく服用できます。


あなたは、性行動の前、30分から12時間までいかなる時点でもシアリスを服用できます。
シアリスは、服用後24時間効果が持続します。
シアリスは性的な刺激がない場合は効果を発揮しません。

シアリスの使用は一日一回だけです。シアリスの毎日の使用はやめてください。
より多くのシアリスの使用を希望する場合は医師に相談してください。

3、副作用について


すべての医薬品同様シアリスにも副作用があります。
これらの副作用はは自然で穏やかなものです。
もっとも一般的な副作用として頭痛、消化不良があります。
それよりも一般的でないが報告されている副作用として背中の痛み、筋肉痛、鼻詰まり、顔のほてり、のぼせなどがあります。
まれにまぶたや目の痛み、赤目などがあります。
これらの副作用が厄介で、厳しく、治まらない場合は医師に相談してください。
アレルギー反応としては皮膚の発疹を伴う場合もあります
まれにシアリスを服用後に長い痛みを伴う勃起が起こることがあります。
もし、このような勃起症状が4時間以上続くようなら直ちに医師に相談してください。
性行動の最中か後に胸部の痛みが起こったら硝酸塩薬の使用は中止して直ちに医療救助を求めてください。
この説明書に記載のない副作用に気づいた場合は医師または薬剤師にお知らせください。
心臓発作、脳卒中、不整脈などはシアリスを服用の男性にまれに報告されています
ほとんどの男性がシアリスを飲む前に心臓疾患を知るというわけではありません。

これらの副作用がシアリスに直接関連があったかどうかについては不明です。



















 飲食について
  レビトラは食事の前でも後でも服用は可能です。
  しかし、効果の遅れがありますので、きれば過食や高脂肪の食事の後でないほうがいいです。
  グレープフルーツのジュースはレビトラの効果を阻害しますので飲まないでください。
  アルコールの飲用は勃起効果を低下させますので飲み過ぎないようにしてください。

 車の運転や機械の操作
  レビトラを服用して稀に体がだるくなったり、視力に影響が出る人がいます。
  このような場合は運転や機械の操作はしないでください。

 他の医薬品との併用
  現在他の薬品を常用している方は薬の作用で問題が起こる場合がありますから、医師または薬剤師に相談してください。

2、レビトラの服用方法
  詳しくは医師の指示に従ってください。
  通常は10mg(半分)を服用します。
  効果には個人差がありますので効果の程度によって量は調節してください。
  レビトラは服用後25分から60分で効果が出てきます。(個人差があります)
  効果は4時間から5時間続きます。
  コップ1杯の水でレビトラを飲んでください。
  24時間(一日)以内にさらに1錠のレビトラを服用してはいけません。

3、副作用

 
 副作用はかならず出るものではありません。
  また、ほとんどの副作用は穏やかなものです。

  非常に一般的な副作用(10人に一人)
   頭痛   顔のほてり
  
  一般的な副作用(10人に一人〜100人に一人)
   消化不良  吐き気  めまい  鼻づまり

  稀な副作用(100人に一人以下)
   太陽光線過敏感  高または低血圧  脱力感  筋肉のこわばり  目のちらつき  勃起障害(自然勃起など)