開発中の安中ニュータウンより top pageへ 山歩記のpageへ
石尊山 sekison
(群馬県安中市)
  2003.3.9(日) 晴れ


石尊山(574m;四等三角点)
1時間55分(歩行時間1時間35分)

義士石像入口(11:35)→遊歩道入口(11:55)→石尊山山頂(12:15-25)→車道(12:35)→義士石像入口(12:50)
→義士石像入口駐車場(13:00)→義士石像岩戸(13:05-13:15)→義士石像入口(13:30)
義士石像入口付近からの妙義山   二月は山無し月となってしまったので、久々の散策となります。とは言うものの、高崎の実家での 用を済ませたあとのついでですので、何の準備も無いままズック靴でののお散歩コースです。 新幹線の安中駅周辺に開発中の大規模なニュータウウンよりは、眺めが良く妙義山が大きくキリリと して居ます。遠くに雲取山なども見る事が出来ます。 その団地の先の古い集落にある、赤穂義士石像入口付近の路側帯に車を止める。風が強く冷たい。

参道に入る参拝者 石尊山への遊歩道入口に立つ鳥居   車道を登って行くと10分ほどで車道の分岐となる。「石尊山遊歩道」の指導標に従うことにして左に 進むと竹林でその先に遊歩道入口があり鳥居が建っています。朽ち始めた木製の階段を登ると、鈍った 足が早くも悲鳴を上げ始めます。車道に出ると参拝者会います。今日は短い道中でしたが3組7名と合い、 三省堂の日本山名辞典に載る、7つの石尊山の一つだけの事があるのかなとも思いました。

山道にある石物:不動明王 雪のある休憩所   山道の途中にある大きな石の上には、信仰の山らしく石物が乗っています。時折振る返ると 西上州の山並みと、埼玉と東京の県境の山々が重なる様に見る事が出来ます。所々に雪が残り 休憩ベンチもあります。

石物の並ぶ山頂にて 御荷鉾山   急な坂に閉口しながら無心に登っていると、突然の様に山頂に踊り出てしまいました。 四等三角点を示す小さな石標があり、多くの石祠の並ぶ山頂は、木立に包まれた所です。 その木立の間から、北には榛名山がどっかりと座っています。南には雨降山から御荷鉾山を経て 赤久縄山の尾根が見えます。しかし、じっとはしていられない寒さに早々に退散です。

赤穂義士を奉ったと言う岩屋 花の咲いたネコヤナギ   車を止めた所へ戻り、赤穂藩の片岡源五右門の下僕であった元助が、この地の久保観音に 逗留し石物を彫ったと言われる岩戸を訪ねてみる事にしました。入口には駐車場が整備されていて 5分ほどでこの石像を見る事が出来ます。
風を避けることができるところではのんびりと歩き、 強い所ではそそくさとした散策でしたが、道すがら見つけた野草もネコヤナギも、早い春を告げて いました。