天然記念物日本鶏の情報を提供するサイトです


神話の国出雲の鶏の居るところといないところ

島根県大社町は、一時期八百万(やおよろず)の神が全国から集まるところで、出雲大社の境内には神々の泊まる19社と呼ばれる小社が長屋のように建てられている。旧暦10月を世間一般では神無月、出雲では神有月と称するわけだ。出雲大社は神話にも登場する大国主命、別名、大黒様を祀る神社で縁結びの神として知られ、いまでは年間200万人を越える参拝者で賑わっている。出雲には多くの神社があり奈良時代に編纂された『出雲国風土記』には500もの神社が名を連ねている。まさに神様と神話の国である。

この神話の国、出雲に相応しい生き物として、1951年6月9日に国の天然記念物に指定された黒柏鶏(くろかしわ)が居る。鶏飼いならば1度は飼ってみたい鶏のひとつであるが、故事来歴を含めて実態が良く知られていない。そこで、出雲地方に5度目の調査に出掛けることになった。

1999年5月14日「疲れるから飛行機で行きなさい」との妻の勧めを振り切って、東京駅発の寝台特急「出雲」に飛び乗ったが、熟睡しないうちに島根県に入ってしまった。宍道駅から木次線に乗り換え、1輌車が樹木の茂った金山峠を越えると開けた木次駅に着いた。黒柏鶏保存同好会の吉田肇事務局長と、彫刻家の景山孝三氏に迎えられて、三刀屋町の森山幸吉会長、景山孝三、湖陵町の吉田肇、出雲市の右京幸雄氏宅を順次案内して戴くことになった。日暮れまで8時間かけて見聞し、資料を基に互いの意見を交換したが、結論を要約すると、出雲地方の黒柏鶏は出雲系と松江系の2系統に分かれ、地元では見解が異なり一つに絞り込めずにいる。そのため、品評会ではなく展示会を開催しているとのことであったが、飼育固体数は予想より多く同好会の飼育管理もしっかりしていて、大方が1957年の出雲市知井宮町の藤江俊夫氏の雄を理想体型と認めているので、鹿児島に於ける多様な薩摩鶏を、現在の形に集約出来た成功例を手本に纏めて行けば、良い結果が期待出来る。

夕闇が濃くなったが、最後に出雲市の宇京幸雄氏宅を訪問した。1994年に出雲市で黒柏鶏を飼っているところとして探したが見つからず、出雲空港を飛び立って心残りになっていた訪問先であった。夕方になって仕舞ったが吉田事務局長に無理を言って案内して戴いた。飼育している黒柏鶏は大型体型で鮮赤冠の松江系統で、出雲地方の鶏舎の特徴であるガラス戸で囲われていた。さて、宇京氏の職業は和楽器の製造に携わっておられるので、音謡に詳しく黒柏鶏の謡にも造詣が深く、祖父から3代、109年に亘って黒柏鶏を飼育し続けている。今までに飼った鶏で良いと思われる謡を再生して聴かせて戴いたが、なかなかのものであった。そして、黒柏鶏の謡は長鳴鶏として固定が充分でないので暫定案として、

『音律は出し、付け、張りまたは上げ、引き、落としの5部に分けられ、鳴き出しに明瞭で接続段階としての「付け」を忘れず、頂点でまた明瞭に声を落とし、最後の引声で結んで謡終わるべきものである。落としとは、唐丸程の明瞭さは求めないが、欠くものは問題にもならず、引きは必ずつけなければならない』と強調された。音質はむしろ低音で非常に力強く、張りには一気に謡の豪放を感じさせるものとし、高音は劣品とし、細音も同様である。声良鶏と異なり、よく響くものでなくてはならない。謡の理想長さは18秒位が必要で、それ以上長いものが望ましい。宇京氏は、それに「成雄の標準体重4キロを目指している」と言う。

私は山口県教育委員会編『天然記念物黒柏鶏の保存について』により上記は識っていたが、黒柏鶏の産地で唐丸を凌駕すべく取り組んでいるとは、世界の長鳴鶏のレベルが26秒台に入っているのに、3分の1にも達しない鶏種が、長鳴鶏の高いハードルを30年も遅れて目指すとは、宇京氏の解説と経過を聴くまで思ってもいなかった。現在1番長いので12秒、普通7〜8秒であるが、今後何十年も苦労を重ねるより、現在程度の謡の長さで、むしろ短くても、黒柏鶏独特の捨て難い良い声色に集中すべきである。

長鳴鶏とその文化は、日本、ドイツ、トルコ、ロシア、ブラジル、ベトナム等にあって、日本では声良鶏、唐丸、東天紅鶏の異なる特性を持った3品種で充分との先入観があったのかも知れない。以前から黒柏鶏を長鳴鶏に含めるか否か議論されているが「全日鶏会報」第36号23頁で見解を述べているので省略する。私はすぐに、唐丸を思い出した。今から唐丸を凌ぐ黒柏鶏が完成するだろうか。どちらが主でどちらが従なのか、日本鶏の同じ様な品種が2つでは不適切で意味が無い。しかし、両者が同じ改良の力点と、ベクトルの方向が同じならば、何時かは努力次第で同じ範囲の品種に到達するであろう。

新潟には1968年以降、保存14団体を統括する天然記念物蜀鶏保存新潟連合会が発足し、飼育羽数1千羽を擁し、1968年制定標準体重♂3,9`を目指し、官民上げて努力を傾注している。

出雲駅まで送っていただく車中で、吉田事務局長に当日の成果と意見を求められた時、独断と偏見を覚悟の上で、産地としての標準と目標を定めるのは事務局長の最大の責務であると伝え、出雲で一番懸念されている「黒柏鶏は唐丸の亜種ではないか」から決別するには、唐丸を意識し過ぎて対抗上同じ方向へ行くより、品種として距離を確保すべきで「黒柏鶏は他の如何なる黒い鶏とも、他の如何なる日本鶏とも近付いてはいけない。日本鶏の1品種として確立するには現段階で長鳴鶏としての謡の目標を捨てるべきで、その努力を体色、体型に集中するべきだ」と世界の長鳴鶏の現状と限界を良く識るものとして提案した。

現に、日本鶏の遠祖と言われる黄肌種の同じ黒色長尾鶏で、ヨーロッパで2世紀に亘り改良されたブラックスマトラ種の♂♀共に、全身緑黒色羽装と艶光色は、黒柏鶏や唐丸が足元にも及ばない程見事に完成されている。黒柏鶏の♀の特徴としている幌羽はブラックスマトラ種の2分の1にも達していないことを認識した。品種としての標準が必要で、私としては黒柏鶏の謡を良くする為に東天紅鶏や唐丸を交配するなど論外であると伝えた。

個人の書簡の公開は私の意に反するものではあるが「鉄は熱い内に打て」の諺に従い、根岸氏の書簡を証文の出し遅れにならない為に敢えて転記させていただくと、

『黒柏鶏については、故小穴氏が大正12年防府市の秋山氏よりその存在を確認され、昭和16年再訪時近交累積の結果、鶏に見るべきものが無かったので、口伝を頼りに島根県に分け入り、平田市灘分の農家、小村常蔵氏より当地産を入手され、岐阜の塩谷氏に託され、知られるに至った鶏種のために、その主産地を山口、島根と見做されております。但し、赤柏、白柏と併存した黒柏名称云々は類推に過ぎず(古老の言といわれる証憑文献無し)この間の事情は不明ながら明治初期、周防、出雲地区に於ける牛馬商の来訪時、当地区馬喰・枇杷益一なるものが秋山氏移譲のものと判るものはあります。原産地問題に固執するものではありませんが、山口一辺倒の意見聴取は腑に落ちかねます。

小穴氏要請により之より天然記念物指定申請は小生の筆にて昭和24年4月、当時の文部大臣高瀬荘太郎翁に起草、昭和25年2月、文部省天然記念物調査専門委員東大名誉教授鏑木外岐雄理博の現地調査を経て、昭和26年6月、指定の実施を見ております。この間、昭和25年、山口市在住の故岡崎茂樹氏より共同研究の御要請を受け、事後、小穴氏らの再来を待ち、昭和28年、第1回の標準を作成致し、昭和30、31年、2回訂正した審査適殖規準書は公文として山口県教委に保存され、現在も死んではおりません。

山口県黒柏鶏に関しては往時、故伊藤政太郎氏の御見解により、小穴氏と対照的な見方が出たので実際面を精査して極力吟味の規準を作成したつもりでおります。(山口県の原案は全て私の拠出意見となっております)詳しくは文献的にはっきりしておりますので、要点のみ申し上げます。

黒柏の戦後復旧段階にき小穴氏指示に基づき、大型、鮮赤冠の目標を立てましたが、どうしても、往古の色艶が固定出来ないので、島根本系の交血をお願いしたものの成功せず、その中間クロス時の欠陥が先述伊藤氏に追及された次第です。ごく簡単に申せば、黒色鶏通念の緑艶はとらないと言うことで、墨をなすったのに近い紫光黒色を身上とし、これが最暗の瞳色と黄肌の個性に合致するとの結論の変らぬことで、この個性が他の黒色品種に無い特徴としております。その拠点は一般通念でいう「緑艶を良し」とすることの拠点が主としてミノルカ・オーピントン・ラングシャン種に標準とされている点に求められそうですが、これら欧産の黒色種が、すべて白肌鶏となる点が黄膚系の黒柏鶏の異点となるかどうか。(尤も米産ジャージー・ブラック・ジャイアントのことは存じませんが)

私の比較実験では、唐丸他のクロスではすべて羽艶が狂い、又、小国鶏、東天紅鶏等、非黒色品種、ヘテロシスの黒色体ではすべて鮮やかな緑艶となっており、白膚品種の黒は固定度の高いものでは、瞳色が頗るよいものとなっておりますが、白膚の特徴として、蹠、趾間は石竹色を呈します。黒柏鶏の黄膚で暗瞳色を求めると緑艶では、差毛が出てどうにも除去出来ない点、かつは、黄膚の関係で脚色は成鶏時、楊柳色となり唐丸に見る灰黒にはならぬ点を一つの個性と見ております。

又、小穴氏により強調された♀の幌羽突出特徴は、山口県産でははなはだ劣っており、かつは、白膚の少ないことはミノルカあたりの混血ではないかどうか、この点の解決も出来ておりません。特に唐丸(流れ尾型)との識別上、顔面に黝づみの多く黄膚で鈍黒の個体を集め、現在島根の主系統がある訳です』

仁多郡横田町の大吟醸酒「玉鋼(たまはがね)」を味わいながら、島根県無形文化財指定の大原郡大東町、いわゆる出雲黒柏鶏発祥地の海潮山王寺神楽「スサノオの大蛇退治」を観た。

翌日、宍道町の八雲本陣を訪問した。今年は島根県文化財保護審議会会長、木幡久右衛門居士の17回忌にあたるので、少し触れてみることにする。氏は大地主で1928年に早大卒業後帰郷し、山陰中央新報の社主をはじめ多くの事業を手掛けられた実業家で、また、尺八の道場主で名を吹月と称し、蒐集した美術品は170余点に及び、今では財団法人八雲本陣記念財団に寄贈されて町の蒐古館に展示されている。私が最初に訪問したのは亡くなる2年前の秋で、翌年の島根国体で陛下がご昼食に寄られる時、黒柏鶏を鳴かせる方が良いか悩んでおられた様子で、庭に下りて黒柏鶏を鑑賞したり、廊下の衝立に描かれた鶏の説明をされたり、何菅も形よく並べられた尺八のある応接間で意見を交換した。ご自身も笑っておられたが、根岸啓二氏との「黒柏鶏論争」は何年にも亘った激しいものであったらしい。次の遺された記事からその片鱗を窺うことが出来る。

続き(鶏紀行「出雲」黒柏鶏始末記 木幡吹月のページへ )

このページのトップへ