適応指導教室
あぷろーち

 桐生市立教育研究所「適応指導教室」(愛称:あぷろーち)は、学校に行きたくても行けない児童生徒に対して、カウンセリングや小集団での仲間づくり・体験活動・学習活動を通して心の安定を図り、自立心や社会性を育み、学校生活への復帰を援助するために開設されています。                        

 どこにあるの?
桐生市立教育研究所内
(桐生市堤町1−23−16 電話番号 43−2602)にあります。

 活動の時間は?
月曜日〜金曜日の午前9時30分〜午後3時30分です

 通う方法は?
各自で通所します。自転車や保護者の方の送迎でもかまいません。

 給食はありますか?
ありません。もし、終日参加する場合は、弁当を用意して下さい。
 

 どうすれば適応指導教室に入れるの?
まずは、研究所に電話をしてください。教育相談員がお話をうかがいます。その後、来所していただいての相談や適応指導教室の見学・体験通級などをおこない正式に通級していただくことになります。また、学校からの相談も受け付けています。適応指導教室の子どもの様子は、随時学校に報告いたしますが、先生方もお気軽に研究所へお問い合わせ下さい。                                              

 こんなことができるんだ。
                              
                                



 次のような基本方針で活動をすすめています。
自主性 
     自分の思いや考えを基にして自ら行動しようとする意志を育てます。
     目的意識をもち、その実現に向けて地道に努力できる力を育てます。
社会性・協調性
     他の人とのかかわりの中で生活しようとする意志を育てます。
     集団の中で自己を発揮しつつ、他を思いやり協調して生活できる力を育てます。
自己理解
     自分を見つめ、より高めようとする意志を育てます。
     自分のよさを発揮したり、自分を振り返り自省できる力を育てます。
感  性
     美しさやすばらしさを感じようとする意志を育てます。
     感情を自分なりに表現できる力を育てます。
学  力
     自ら進んで学習に取り組もうとする意志を育てます。
     学校での学習に適応できる力を育てます。                                        


 平成25年度7月19日現在、10名の児童生徒が教室を訪れています。「いつかは学校に復帰したい」という気持ちはどの子も持っています。お父さん、お母さん、先生方もぜひ一度教室にお立ち寄りください。           

  


トップページへ