教育資料室 

  桐生市立西小学校内に、桐生市教育資料室が開設されています。収蔵点数は1万点以上にのぼります。 ぜひ、お立ち寄り下さい。                                     



 桐生市教育資料室の概要

 15年にわたって行われた「桐生市教育史」編さん事業によって収集し、蓄積された多数の貴重な資料を整理整頓して、今後の活用を推進する目的として、平成8年12月1日から教育資料室が設置されました。その後、教育関係資料のほか、郷土関係資料を収集し、広く市民の皆様に公開しています。                                                  


 収蔵資料

収集資料の主な内容
1 江戸末期から明治・大正・昭和の各時代にわたって刊行され、
  使用されていた教育関係図書や教科書。

教科書 教育思想史 教育史年表 教育研究書 教育実践書
教育制度史 一般教育図書 教育会機関誌 学校記念誌 教育関係写真
研究集録 教育者自伝 市町村教育史 日本教育史 群馬県教育史
教育学 社会教育史 教育関係職員録 教育学事典 教育雑誌
学習指導書 教育広報誌 社会科副読本 教科書研究

2 そのほか

    ・江戸時代の寺子屋で使用された教科書(往来物)
    ・郷土関係の各種刊行物
    ・郷土史関係図書及び資料
    ・教育紙芝居及び教育レコード 
    ・郷土の写真、アルバム、絵葉書

3 収蔵品の一例 
  
         明治期の桐生織物標本
 明治43年(1910)10月8日、群馬県立高等女学校(県立高等女学校は高崎市に1校あるのみでした)を会場に、1府13県「関東・東北聨合教育会」が開催された。この際の記念品として「山田郡教育会が作った「桐生織物標本」箱入り2組が、西小学校の家庭科室から発見された。
 織物のサンプルが貼付された台紙に、織物の名称、糸の質、用途、販路、価格、製造者名が記載されたものが52枚もある。織物名を列記してみる。
 平縮緬、觀光繻子、綿々繻子、節糸織、 紡績織洋服地、平羽二重、琥珀帯地、、綿黒八丈、紋繻子、御召縮緬帯地、薄琥珀、觀光色繻子、本繻子、支那輸出繻子、平絽、綿繻珍、紋タフタ、紋絽、綾糸織、 初音御召縮緬 、縞絽、緞子裏地、甲斐絹、瓦斯縮。
明治42年度桐生織物産額統計一覧表も添付されていた。当時の桐生の織物業は、日本の産業の中でも大きな地位を占めていた。この織物標本は貴重なものである。
 
 
    

     標本の表紙    綿繻珍      緞子裏地      甲斐絹




 刊行物のお知らせ

資料室では、下記の図書を頒布しております。ご希望の方は、係に申し込み下さい。
 
『桐生市教育史 上巻』(5,000円) 『桐生市教育史 下巻』(10,000円) 
  『桐生市教育史年表』(2,700円) 『ふるさと桐生のあゆみ』(1,400円)
  『あすへ伝えたい桐生の人と心 上巻・下巻』(ともに1,700円)





 お問い合わせ

桐生市教育資料室
〒376−0043 桐生市小曽根町1番9号(
桐生市立西小学校内

   TEL 0277−43−3171   FAX 0277−43−3171

開館時間 午前9時〜午後4時

休館日    土曜日、日曜日、国民の祝日、
         年末年始(12月29日〜1月3日)




トップページへ