【第1部門 奨励賞】
第1部門 奨励賞
「朧銀花入「丹頂」」  正田 忠雄

 鋳金ならではの美の可能性を求め試行錯誤のくり返しの中での造形ですがこの度の作品「丹頂」は全体の姿形に意を尽しつつ、朧銀ならではの色調と肌合に調和を求め花入としました。ある空間に置かれた折、1つの役割を果す事の出来る作品として出来上った様な気がして居ります。この度の受賞を励みとし天明鋳物師千年の末裔としての役割が果せる様更に汗を流していきたいと思います。



<RETURN>