【第1部門 奨励賞】
第1部門 奨励賞
「黒鐵月の器(十五)」  横倉 晋也

 時の流れの中、変化して往く月の形、その光が映し出す、彩る山並や雲。その関係に「静かで、強くて、深い」作品を創りたいと考えている私の心は、強く動きます。

 これ等の思いに、鋳鐵の質感を重ね、造形しました。そして今、又、鋳金の奥深さを実感しています。



<RETURN>