【第2部門大賞】
「大山椒魚」  高橋 賢悟
 動物は無垢で純粋に生きる事だけを考えている存在。 そんな動物を見ていると愛くるしく人間の様な仕草を見せる時がある。 その時、動物と自分の感情が同調した感覚になる事がある。 その感覚と感情を大事に動物の姿を借りて作品を表現しています。
 鋳金は、動物の生命力を柔らかく、そして強く表現出来る。 そして金属の美しさを引き出す熱処理と色も魅了的だと感じています。
 今回、このような賞を授賞出来た事を大変うれしく思います。 これを励みに鋳金の可能性を信じて、日々精進し制作していきます。


<RETURN>