【第1部門大賞】
「雪花文平釜」  畠 春斎
 伝統を漫然と受け継ぐだけじゃなく現代の茶釜を自分にしかできない表現で新たに生み出すことこそが真の伝統の継承だという思いで日々物作りをしています。
 今作は風、雪、冬景色をただただ描写するだけではなく簡素化、記号化していき見る人にストレートに伝わるようデフォルメを繰り返しました。
 見せたい物がはっきりしているので視点を分散させないようこの形状を選択しました。
 この度は大変素晴らしい賞を頂きまことにありがとうございます。 とても驚いており未だに実感がありません。 今後この賞を励みにより良い作品を作れるよう頑張っていきたいと思います。


<RETURN>