【第2部門下野新聞社社長賞】

みずいろの風景  藤井 千春

 土で鋳型をつくる込型鋳造に魅せられて制作を行ってきました。
 まっ白な空間に絵を描くように自分のこころを潤わすものごとをとらえ、心象風景として存在する鋳物の在り方を探求する。型に流し込んだ瞬間から何千年もの歳月を有することになる鋳物に何を吹き込むことができるのか、日々自問自答しています。
 この受賞を励みに、これからも日々精進したいと思います。



<RETURN>