【第1部門奨励賞】

desktop bronze  小久保 光将

型による造形だからこそできること。
金属という素材だから可能であり、その素材特有の魅力、存在感。
ものとして存在する空間や場面、また、そこへのアプローチの仕方。

鋳金造形には、まだまだいろいろな可能性があります。

奇を衒った事をするというのではなく、あたりまえの事をあたりまえに行なうというスタンスで、自身が欲しいと思えるものを楽しんでつくるという事をこれからも心掛けていきたいです。



<RETURN>