【第2部門優秀賞】

かさなるうつわ 小久保 光将

モダンな空間に馴染みつつ、トラッドな雰囲気を感じさせるもの。経年変化を含めた素材らしさと、鋳物の特性を生かした美しいもの。自分自身が欲しいと思え、作っていて楽しいもの。
この様なものを目指しました。

「鋳金」というものを一度見直し、自分が納得できるものを作るのに随分時間がかかりました。もちろん終わったわけではなく、今もその途中です。遠回りをしてしまっているかもしれません。そんな中、今回この様な評価をしていただき、大変うれしく思います。これに驕ることなく、これからも自分の目指すものに向かって行くつもりです。



<RETURN>