【優秀賞】

13 羽化 柿添 貴弘

 この度は、第1回佐野ルネッサンス鋳金展に於きまして、優秀賞を頂き誠にありがとうございました。これを励みに、これからも鋳物の作品を制作し続けて行きたいと思います。
 私は近年、作品を一つの生命体に例え制作してまいりました。卵からかえり、成長してゆく過程、そして永遠に続く生命のいとなみ。その無限とも思える広がりの中から、自分の手と目と心を使い、そのいとなみの中の一瞬を切り取り、ある形態として表現しています。
 この作品は、形の成長をテーマにしたシリーズの中の一つで、サナギから羽化する瞬間の形をイメージしました。そして背景には対比させるようにサビた鉄を使い、ボルトで止めて無機質な表現を表しました。



<RETURN>